子育てアプリの紹介

アプリ「やることカード」の実力が半端ない件

やることカード

特別支援教育の知識を活かした子育ての経験を通して、
みんながHAPPYになれる社会作りを目指す特別支援教育士まこママ先生です♪

さて、今回のテーマは前回に引き続き

「朝の準備がスムーズにいくアプリ”やることカード”について」です!

前回の記事はこちら↓↓

そしてこのアプリの使用に挑んだのは、当時2歳3か月のこあこちゃん

こあこちゃんについてはこちら↓↓

https://everyone-is-happy.com/まこの末っ子%ef%bc%88こあこ%ef%bc%89ってこんな子

イヤイヤ期真っ盛りの当時のこあこ

「やることカード」アプリ導入直前のこあこ。

とにかく

いやー

いや、いやー

いや、いや、いやーーーー

はい,イヤイヤ期真っ盛りで、朝の準備はもはや羽交い絞め…(;^ω^)

通っている幼稚園は好きみたいだから、とにかく朝の準備が鬼門。

ではなぜ嫌がっているのか?と考えたら、

朝の準備の必要性が本人の中ではないから。

じゃあ、その必要性を生み出してしまえ!というのが方針です。

朝の準備が終わる=好きな遊びができる

いわゆる、ニンジン作戦です。

きっとどのご家庭でもやったことがあるでしょう。

「これできたらアイスあげるよ~」

「これ終わったら、おもちゃ買ってあげるよ」

みたいなやつです。

ただここで問題になるのは、

まだ上手にお話しできない2歳さんは言葉の説明だけだと

「どうしたらもらえるのか?」

が実はわかっていないことも多いという点です。

イラストを使って、「何をすべきか?」を伝える

紹介した「やることカード」のアプリを使うことで、

何をすべきか?

が明確になります。

こあこちゃんの例を出すと…

着替えなどが終わるごとに、ipadをタッチして嬉しそうなこあこちゃん💛

このアプリの利用を通して、こあこちゃんは3つのこと(着替え、歯磨き、カバンの準備)が終わったら、好きなこと(ままごと、折り紙、テレビ等)ができることが分かったようです。

このままipadを使用してもよかったのですが、アプリの起動&所定場所への設置に10数秒がかかり、毎回私がそばにいなければならないという若干の手間がかかっていました。


その手間を省き、かつipadが事故で壊れるリスクを減らすために、紙媒体を準備しました。それがこちら↓↓

他の人から見れば、?と思うでしょうが、こあこちゃんと私でお話ししながら書きましたし、今まで一緒に積み上げた経験もあったので、意図は伝わったようです。

もうipadがなくても、この紙を見て、自分で準備を進めるようになりました。

これがスムーズにいったコツはアプリの利用以外にもう1つあると思っています。それが…

自分で決められる部分を残そう!「3つのうち何からする?」

自分で決めたことをするのは幸福度が高い

少し話はそれるのですが、

「自己決定」が幸福度を上げる

という研究があります。

 神戸大学の教授と同志社大学の教授による研究によると、20歳以上70歳未満の男女を対象にアンケート調査を実施した結果、所得や学歴よりも「自己決定」が幸福感に強い影響を与えていることを明らかになった。


https://www.kobe-u.ac.jp/research_at_kobe/NEWS/news/2018_08_30_01.html

この研究は成人を対象としていますが、子どもも同じ人間なので、同様の結果が得られると想定されます。

寧ろ社会通念などがまだ充分育っておらず、本能の赴くままに生きている子どもたちのほうが自己決定と幸福度の関係は深いのでは?とすら思います。


今回のこあこちゃんについては

朝食を終えてから「着替え、歯磨き、かばんの準備」のうちどれからするか?

を決められるようにしました。

すると

こあこ

う~ん、どっしょかな~?
こあちゃん、きがえからする~

まこママ

よし、じゃあ着替えしよう!

そしてその後スムーズな着替えが終わり、歯磨き&かばんの準備もあっという間に終了。

すると、忙しいはずの朝でも、遊ぶ時間がまだ30分以上!!

なんて素敵な光景だ…✨

ここですかさず

まこママ

こあちゃん、早く準備できたし、
いっぱい遊べるね~

と言えたらしめたもの♪

頑張ってやった➡
ちゃんと自分にとっていいことが待っていた

この流れがわかれば、苦手なことやなんとなくやりたくないことに挑戦する気持ちが育つための経験の1つになりますよ。

いかがでしたか?

子どもが頑張ってくれる=親が直接手をかけることが減る=子どもができることが増える

なので、親子でwinwinです。

「やることカード」のアプリはダウンロード無料なので、何回か試して

・必要なさそう
・自分の子には合わない

と思えば、すぐアンインストールするだけでOKです。時間をかけずに準備して実践できるのは大きなメリットですね。

まこママ

数年前は必至で1枚1枚写真撮って、印刷して、ラミネートかけてってしても、子どもに合わなくて無駄になったカードが数知れず…(;^ω^)
便利な世の中になったなぁ

ちなみに

タブレットやスマホを使用すると、ほかのアプリ(YouTube等)を使うきっかけになり、新しい問題が出そう…


と心配な方も多いと思います。

そんな方々に向けて、近々アプリの利用制限のやり方についてもお伝えしますよ★

ではまた次回をお楽しみに♪

では、明日もみんなでHAPPY💛

叱咤激励いただけたら嬉しいです。