まこママの独り言

失敗は成功のもと!授業作りに失敗した教員が学ぶ子育ての神髄


特別支援教育の知識を活かした子育ての経験を通して、 みんながHAPPYになれる社会作りを目指す特別支援教育士まこママ先生です♪

連日暑い。とにかく暑い
みなさんのお住まいでは台風の影響はありませんか?

私の住む地域では風より暑さの影響が大きいですが、地域によっては大きく風の影響を受けていると思います。
被害が大きくなりませんように!
と祈りつつ、今回もお願いします。

今回のテーマは「私の本日の失敗から学ぶ教育の神髄」です。

今日は仕事で結構なミスを犯しました(-_-;)

そこから学んだことを通して

  • 子育て本を読んでやってみるも上手くいかず八方ふさがりの人
  • 授業がうまくいかず悩んでいる先生
  • 大きなミスをして、落ち込んでいる最中の人

にエールを送る内容となっておりますので、最後までお付き合いいただけたら幸いです。

本日の私の失敗

早く教えてあげなきゃ!

今日担当したのは、高等部3年生。もうすぐ卒業&就労です。
就労に向けて、コミュニケーションの課題が明らかになっていました。
卒業間近ということは、指導機会ももうわずか。

早くできるようにさせてあげなきゃ!!
短いなりにも夏休み中、準備はした!!

よし、やってやる!!

いつも以上に意気込んでいた 私まこママです。

指導方針は…

発語のパターンは多くないものの、作業学習などでは高い集中力を見せるHくん。
「就労先で困らないようにと自分から気持ちを発信できるように…」
そう考えて、

  1. 楽しいゲームを通し
  2. 心理的なストレスを減らして
  3. 自己発信が出るまで待つ

という支援方針を立てました。

更に①のゲームはどんなゲームがいいかな?

そう思って選んだのは

「ジェンガ」

  • 子どもはみんな好きでしょ♪
  • 【倒れたらおしまい】もわかりやすい♪
  • 指先使うのが得意なH君には、尚よし♪

そう思って意気揚々と選んでいたのであります。

さて、指導の結果は?

結論から言うと…
ジェンガが倒れると同時に部屋から逃げられました😢

担任の先生から、どうしてもいやなことがあれば、全力で逃げる。
との情報はあったものの、本当に逃げられるとは…

そして、逃げ出したところを担任の先生に見つけられ、
懇々と
「逃げたらだめ」「最後までやろう」
と説教(?)を受けたH君。

いや、先生、私が悪かったのよ…と伝えたものの、
私の何がいけなかったのかすぐ言語化できなくて、その場は終了。

Hくん、本当にごめん。

何が悪かったのか

不得意さばかりに注目した課題設定にした

まず今日悪かったなぁと思うのは、とにかく
「苦手さばかりに注目した課題を連発したこと」
これに尽きるかな?と思います。

高等部3年生。
もう指導機会は少ない。
やってあげたいことはいっぱいある。

そう思うこと自体は悪くないのでしょうが、
コミュニケーションが苦手なHくんに、
コミュニケーションが絶対必要な課題をいくつも設定したことは
彼の長所を無視して、短所にばかり目を向けていたことが原因だったと思います。

長男の子育てで「短所は長所」と学んでいたはずなのに。

「短所は長所」を教えてくれた長男についてはこちらから↓

長男(くひょお)ってこんな子♪

さらに言えば、自己発信が出るのを待っていた私の行動は、

H君にとって

「自分の行動は正しかったのか?」

とドキドキする時間を無駄に与えてしまったのだと思います。

自己発信が出るまで…と難しいことを考えずに
すぐに「合っているよ。バッチリ!」って誉めてあげればよかった😢

完璧主義なHくんの良さを打ち消す課題にした

Hくんは頑張り屋で完璧主義です。
物をきれいに並べたり、色分別をしたり…
は大人が指示せずともやっていますし、友達が乱した物の配置を密かに直してもいます。

そんな彼に
「なんで物が壊れたら負け!というジェンガを選んだ?」
数日前の私に尋ねたい気分です。

ここをとってもやっぱり浅はかな私です。

スッキリはまったらおしまい!みたいなゲーム、

パズルとか知恵の輪とか、

そんなのにすればよかった…😨

指導法の前の前提を忘れないで

でも一番私が忘れていたこと。

それは

何かを学ぶということは、

「指導法」の前に「やってみたい」という気持ちがあってこそ

だということです。

ここ数年、発達障害を含め、配慮の必要なお子さんに対して、どんな支援や指導をしたらよいのか?

というHowTo本は山のようにあります。
それ自体を否定するつもりはありませんし、むしろ恩恵にあずかっているのですが、
どんな指導法も子どもの心なしには成立しないですよね。

例えば、言葉を話せるようにするために、
・絵本を読んだり
・指差しや物の名前を連呼したり

という方法自体は悪くないです。

でも、そこに感情がなければ、ただの音の羅列になってしまいます。

梅干しやレモンを食べて、本気で「酸っぱい」を感じたときに「すっぱい」という言葉が意味をなすようになるのです。

本気で【酸っぱい】を感じたこのない子にとっては

きっと

「すっぱい」も 「すっぽん」も 「おっぱい」

大して変わり映えのない単語になるでしょう。

あっ、下ネタか…

言葉の発達に関する記事はこちらへ↓

1歳半検診が心配なおうちの方へ~とにかく寝よう!と言う理由~

「あぁなんだか今日も楽しいな」と思える日を多く

H君は確かに卒業&就労間近です。
でも、今は人生100年時代。
この数年で人生が決まるわけがない。

今は就労先でうまく適応して、それなりの工賃をもらって、仕事がなくならないように

が一番の目標になっている気がしますが、
仕事も人生の中の一つの要素に過ぎません。(どうでもいいということではないですよ)

一人で過ごすことが好きなら、それはそれでよい時間の過ごし方だし、
コミュニケーションが苦手なら、相手に少し歩み寄ってもらえるようなツール(写真カードとかイラストとか)を準備すればいい。

豊かな人生って何かと言えば
「あぁなんだか今日も楽しいな」と思える日が多い
ということじゃないかな?

私も今日こんな感じで失敗してすごく落ち込んで、
もう私なんて不必要な人間じゃ?」くらいに思った瞬間もあったのですが、

子どもを迎えに行ったら
「ママ~💛」と言って抱きついてきてくれて、
本当に幸せを感じていました。

色々あったけど、学びのある日になったんだよな。

そう思えたら、悪くない日になった気がします。

H君にお詫びはまた後日します(;^ω^)

いつも偉そうに語っている私ですが、こんな感じで
うまくいったことの裏にいくつもの失敗があります。

みんなで学びあって成長したいです✨

では
あしたもみんなでHAPPY✨

叱咤激励いただけたら嬉しいです。
[CONTACT-FORM-7 ID=”169″ TITLE=”コンタクトフォーム 1″]